カリスマ相場師の一言
年率500%目指す、カリスマ相場師のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括 お世話になりました。
カリスマ君の年率500%を目指す
という目標はカリスマ君が担当しているお客様についてはブログを見て頂ければお分かりになります様に、ほぼ達成できたと自負しております。

今年は売りたい病気にかかっているプロが、前半手痛い目にあい調子に乗り買い進んだ大衆が後半痛い目にあった年でした。

罫線、日柄、相場のテクニック、高値、安値、過去の経験が全くと言っていい程役に立たない年でした。

今年成功した理由はエネルギー事情でお分かりのように石油がある意味で価格革命を起こすと判断したことのように思います。
この傾向は来年も続くと読んでいます。

振り返って見ると、昨年あんな安値があったのかと思うような展開が来年もありそうな気がしています。

株式にしてもしかり、年明けから参院選が話題になる5月くらいまでの間に大きな山が来ると見ています。
大きなM&Aもより活発になり、企業間の淘汰も激しくなるでしょう。

来年の「ズバリ今年の相場を読む」は1月4日の昼頃までには更新します。

今年は良い年でありましたが、来年も良い年であります様に。

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

スポンサーサイト

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

押し目買い
株式市場
NY市場が買われている。日経平均ではさほど上がっているように感じられなかったが、好業績のところは、新値更新、あるいはそれに近いところが結構ある。つまり株式市場も格差がついてきているということ、選択を誤るとダウ平均では新高値更新しているのに自分の持株は上がってないということになるのでご用心。

商品先物

ゴム市場
昨日の終値248.1円、新高値だ。
押したところはすかさず買われたが、この4日間で20万枚出来高があり、押しが欲しいところ。

コーン市場
コーンについても押し目がすかさず変われ、昨日引値で25,350円出直って日柄も浅く、深押しは期待できないのでは?
押し目はひとまず買っておくところ。
1月12日の米国農務省の需給報告前後までは高いと思う。

貴金属
昨日は前場しっかりだったが後場は売られた、やはり大きく動意づくところではない。
暫くもみ合いというところか。

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大局は買い
株式市場
反発しているが流れは押し目買いで大きな下ぶれはないと見ている。
詳しくは年末に来年のねらい目を含みコメントしたいと思う。

商品市場

ゴム
昨日の終値が244.9円
当面の第一目標値に到達した。
ここからはいつ押してもおかしくないが、大納会前には少し押し目が入った方が理想だ。250円以上に買われると押し目も深くなりそう。
ただ大局は買い方針でゆるぎなく慌てて全玉利食う必要はない

コーン
先限で25,210円新高値だ。
これも来春には30,000円ありと見ているが、過去の値段を知っている向きは値位置が高くなかなか買いずらい場面だが、走り出した電車に飛び乗るつもりでないと買えないかも知れない。
押し目はすかさず買われる展開だ。

貴金属はジリ高している。
白金も一時4,000円割れを心配したが、これも杞憂に終わりそうだ。
ただ金は大きく上にいく力はないと見ているが。

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

一息入れたいところ
株式市場
海外もクリスマス休暇という事もあり、やはり日本市場も小反落している。大きなニュースでも出ない限り年内まではこんなところでしょう。

商品先物
コーンが24,910円のストップ高に張り付いた。
21日にコメントした様に、流れは押し目買いに変化しているが上げ足が早い。
12月1日の先限24,970円を今日にも抜きそうな勢いだが一本調子では上がらないと思うが押目は買いたい。

ゴムは先限で239.2円、目標値240円に限りなく近づいた。
もうちょっと上に行ってからかも知れないが一押しあっていいところ。
ただ、大勢、買い方針に変わりなく下げても220円が限界。

貴金属は小動き。

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

予想通りの展開
株式市場
一息入ったところであるが、年末を迎えてあえて仕掛ける所でもないようだ。休むも相場のうち

商品先物
ゴム
正に予想通りの展開になった。
納会値が高い安いに係わらず、押したら即刻買いと申し上げたが、押した後は急騰しストップ高に張り付いた。
読みが気持ち悪いぐらい当るので、交通事故にでも合わないかと心配になる。しかしここは調子に乗らず冷静に対処したい。
一寸先は地獄のこともあるのだから。
目標値を240円と申し上げてきたが、年明けの予想が年内に出そうだ。
240円近辺はひとまず3分の1から2分の1ぐらいは利を入れて優雅な正月をお過ごし下さい。

コーン
コーンは肥料需要だけではなく、エタノール問題もリンクして高止まりしているわけだがブラジルの06年のサトウキビ圧砕量は3億7100万トンと前年を10%上回り過去最大となる模様だ。米国エタノール需要で買われているコーンだが、こういう事情も踏まえると一本調子で上がるわけにもいくまい。どちらにしても年が明けて米国の作付け問題が話題になるころから大きく動意づくのではないかと思う。

貴金属
暫く小動きになりそう。

メリークリスマス

ディープインパクトは今のゴムのように飛んだ!
有馬記念もハイペースでヒモが狂うという、予想通りの展開でポップロックが追い込んで2着。
カリスマ君の予想を半信半疑ながらも参考にした方は良いクリスマス・イブを過ごしたことと思います。
有馬記念の資金をお小遣いにして正月はゴムの儲けで海外旅行でもしてのんびり過ごして下さい。

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

クリスマス
株式市場
米国市場もクリスマス休暇を控えて利のある向きはひとまず利食いしておこうというところか。
日本市場も17,000円達成で年末を控え一休みというところでしょう。
カリスマ君の読者の皆様もひとまず利食いして正月はゆったりした気分で迎えましょう。
明日何か起こるかわからない世の中ですから…

商品先物
ゴム
先日指摘しましたように、納会値を先に出したようで、昨日は少し押し目が入った。
本日は納会で納会値が高い安いに関わらず、押したところは買い拾いたい。
ただ正月休みも控えていることからゴムではビックなお年玉も出たことですから、3分の1くらいは年末までに利食いして、ゆっくり正月を迎えて下さい。

石油市場
19日に申し上げましたように、減産発表もあまりインパクトがなく、今日も売られそうだ。

ディトレードは灯油の売り

コーン
下値は見届けたような気がするが、本格的な上げは来春でしょう。

雑記
明後日は国民的アイドルになったディープインパクトが出走する有馬記念。
ディープインパクトの軸はゴムの買いと同じ様に堅いと思うもののヒモが狂いそうな気がします。
カリスマ君の予想では、早めに好位につけたい馬が多く、流れは速くなりそうで、穴は無欲で後からトコトコついてきて直線一気に差す馬がヒントです、スィープトウショウ?ポップロック???

この予想の責任は取れませんのであしからず

それでは良いクリスマスを…

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ハシャギ過ぎず
カリスマ君の相場道はハシャギ過ぎず、有頂天にならぬことが35年の辛苦で体得したことである。

株式市場
ついに日経平均が17,000円台に乗せた。
ここまでは予想通りであったが、さてこれからだ、やはり好業績の銘柄中心に買われてきているが、信用期限切れの売物も吸収してきているので、これからも上昇基調は続くだろう。
先行きは日経平均20,000円は堅いと見ているが、まだ総買い人気にはなっていないので深押しが入る場面ではない。
引き続き押し目買いでよろしい。

商品市場
本命のゴムが強い。
当面、目標値は240円近辺になるが、その辺は3分の1ぐらいの玉は利食いしても宜しい。全部利食いしたら、そのあと買えなくなりますぞ。
種玉は大事に。

コーンは昨日ストップ高で引けた。
ファンド筋が再び買い始めているので注意するように申し上げたが、どうやら底は打ったようだ。流れは押し目買いに変化したように思う。

白金は先限で3分の1戻しの4,200円にタッチしたが2分の1戻しの4,290円まであるかどうか、ここで地固めできると、上に向かう可能性もあるが、4,200円台をキープ出来るかどうか正念場だ。
予想通りか?
株式市場
ダイセキ(9793)が3,070円と新高値をつけた。
この会社も以前申し上げたように、環境関連の会社であり、工場廃液処理及び土壌改良技術では日本有数の会社であり今年も分割したばかりであるが、増配の可能性も高く、今後も堅調な動きになるだろう。
手堅くいく向きにはお奨めだ。

商品市場
石油市場が反発している。
まだもみ合いの域は出ないものと思われる。追いかけての売り買いは慎みたいところだ。

ゴムは12月12日の218.9円を買い切って、新しい展開になった。金福勝豆のブログをご覧になっている方はだいぶ利が乗っていることと思われるが昨日は当限が6.6円高で、22日(金)の納会値をひと足先に出したような気もする。
ここは、ひと押しあってもいいような気がするが、深押しはない。押目は買いの一手。

コーンは前から申し上げているように23,000円近辺には強い抵抗線が働いている。
昨日もM社のファンド筋と思われる手が700枚程買い増した模様、ここは値幅ではなく日柄調整で来春への足場固めの展開が続きそう
売っている向きはくれぐれも深追いしないよう。

昨日の灯油ディトレは久々に失敗した。
損は知れているが紙面を借りてお詫びします。

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

戻りは売られる
株式市場
12日の朝にコメントした日本オラクル(4716)が急騰している。
まさか次の日に急騰するとは思わなかったがタイミングが良かったのかもしれない全体的に相場は堅調に推移しているが12月第1週だけで外国人が6877億円の買い越しになっていることを考えれば前にも述べた様にこの傾向は今後も推移していくものと見ていいのではないかと思う。
京三製作所(6742)が面白い。
昨日終値438円、元来株価は地味な動きであったが投資ファンドが積極的に買い仕込んでいる模様で一相場ありそうだ。

石油市場が反落している、昨日コメントさせて頂いたがOPECの追加減産が発表されやはり知ったら終わりのパターンだ。
突っ込みは買いだが、継続的には買えないだろう。

ゴムは急騰した。
石油市場の反落でゴムも連れ安するところがあるかも知れないが、そこは押し目買いでよろしい。

コーンは反落しているが23,000円近辺は強い抵抗が働くのでは
23,000円割れは買いの種をまくところ。

金・白金も戻りは売られる展開になっている。
白金も前から指摘している様に4,100円を割ってくると4,000円割れも視野に入れなければならないと思うが?

ディトレードは灯油の寄り付売り建ち、大引け買い落ちでいけるだろう。

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

株式から商品 今週のポイント
株式
日経平均は1ヶ月ぶりに16,800円台まで上昇し、ここから多少抵抗もあろうが17,000円の地固めに入るだろうが業績の伴わない会社は避けて技術に業績の伴ったところを狙うべきだろう。

商品
コーンは納会が意外安だった、まだ戻り売りは売られる展開にあり、これも来春にかけての地固め段階であり、もみ合いの域を出ないのでは?

ゴムについては再三申し上げている様に押し目はすかさず買い仕込む場だ。

石油市場はOPECの追加減産が発表され急騰したが、一時的なものだと思う。追いかけては買えない、あくまで押し目突っ込み買いだ

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

素直について行く
株式
ニューヨーク市場は史上最高値を更新したようだ、いずれ日本市場も揚げ足が軽くなるだろう。
疑心暗鬼で買っているうちは天井は打たないものだ。

ゴム
以前から推奨している通り押し目はすかさず買われた。
昨夜、ゴム商社の方と会食する機会があり、ゴム市場について意見交換したが、大方トレンドの見方は一致した。
ゴム需要の90%以上はタイヤであり、昨今の中国・インドの飛躍的に延びている自動車の生産台数を考えれば、いずれゴムの生産が需要に追いつかない自体も想像できよう。
先限200円以下は用なしと見て、押し目買い一貫、とりあえずは230円には乗せよう。

貴金属・穀物とも本日は戻しそうだが、年末特有の「もちつき相場」になりそうだ。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

小康状態が続きそう
株式市場
日経平均株価はジリ高しており17,000円台にまもなく乗るだろう、市場では企業の業績の伸び悩みから懐疑的な商いが続いているが、慎重に買っている間は相場は深押ししないように思う。

商品市場
ゴム
12月4日安値190.5円から30円近く上げた後、流石にひと押し入っている。
ここは絶好の押し目になりそうで、200円を割るのは難しそう、押し目買いに変わりなく、ここが最後の?買い場になりそうだ。

トウモロコシ
トウモロコシもすかさず戻りは売られており、暫く逆張り相場が続きそう。

商品全般にクリスマス休暇も控え利のある玉は手仕舞いして正月はゆっくりした方がよろしいかと

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

株式に商品に今日もズバリ一言
株式展望
戻り待ちの売り物に一進一退を繰り返しているが、信用買残も大幅に減少しており1万7000円を視野に買い切ると足は軽くなるように思われる。

トウモロコシ
売り深追いは禁物と申し上げたようにすかさず切り返し昨日で3分の1戻りを達成した。
さて、米農務省の需給発表も据え置きとなると相場も据え置きか?
もうひと下げあれば売り方もクリスマスには七面鳥を食べられたのだがどうやら半身だけしか食べられなかったようだ。
ここからは大きく上げる力もなく、さりとて大きな下げも期待出来ず年末まではもち合い相場の可能性大、ここからの高いところは軽く売ってみるのもよろしいかろう。
忘年会、二次会の飲み代くらいにはなるでしょう。
どちらにしても噴き値買い突っ込み売りは慎むように。

白金の方も3分の1戻しにあと少しだが3,200円近辺から上にいけるかどうか正念場だ。
流れは今だ戻り売りだが?

ゴムは昨日も押し目はすかさず買われた、押し目突っ込みを買い拾いたい。
年明けに期待したい。

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

株式に商品にズバリ一言
株式にズバリ一言
株式は日経平均16,000円での揉み合いだが、移動平均線は全て上抜けしており、押し目買い一貫でよろしい。
先週指摘した様にこのところ外資系証券を中心とした外国人買いが続いており背景には日本株の出遅れ感がある。
とは言え優良株中心に買われており中長期で見れば先行きの金利上昇を見込めば無借金経営で定評のある米国オラクル 日本法人の日本オラクル(4716)が有望である。移動平均線も買い指示を出しており5,400円を中心に2ヶ月近く揉みあっているが、そろそろ上放れしそうだ。

商品先物にズバリ一言
トウモロコシは戻り売りに入っており、下げの3分の1戻しで23,700円近辺かその辺から軽く売ってみるのもよろしい、但し深追いは慎まなければならない。

白金については市場には買いたい病気が蔓延しているようだ。あっても4,000円台という空気が強くこの辺からは追証1回も打てばなんとかなるだろうという考え方が多いようだ。カリスマ様の長年の勘によると、こういうケースは戻っても4,200円くらいが関の山で、あとは大名行列のお通り「下にぃ~ 下にぃ~ 4,000円も通りゃんせ」で気がついたら3,800円だったとならなければよいが…

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

商品先物取引 リンク集
商品先物取引に役立つリンクを集めました。

日本商品先物取引協会

日本商品委託者保護基金
東京工業品取引所
東京穀物商品取引所
関西商品取引所
中部商品取引所

☆★☆★

商品先物でいこう
NET TRADE

☆★☆★

↓クリックして頂けるとありがたいです。↓
      人気blogランキングへ

      

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ズバリ 株式から商品まで一言
12月9日

株式は市場には弱気ムードだが外人が積極的に買っており押し目買いで良いのでは、ただ輸出も含めた業績好調銘柄が選別されておりその辺も考慮したい。
長期スタイルではいずれゴク近い将来中国の水問題が浮上してくるのは間違いないところで、海水を淡水化するプラント技術を持つ東レ(3402)、水処理技術NO1の栗田工業(6370)などが長期で持つのであれば推奨されよう。

トウモロコシの戻り売りは予想通りであった。
暫くは戻り売り中心の逆張りが続きそうだが、追いかけて売っているとアゴを刺されそうでご用心・ご用心

ゴムについても予想通り急騰した。
「押し目待ちに押し目なし」伸びたり縮んだり押し目が欲しいところだが年末に向けビックなお年玉提供商品になるだろう。

白金は値頃感が働く場面で若干戻したが揉み合いを下に放れて日も浅く場違い筋のナンピン買い下がり、商社筋のベタ売りの取り組み内容を見ると値頃だけではとても買えそうもなく意外に深押しがありそう、4,000円割れも視野に入れておいた方が良さそうだ。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ゴムはゴム毬のように
12月8日

ゴムは現実の需給の悪さと産地の値段に対する不満が交差し気迷うところであるが、大底を打った相場と見て、味の悪い所 押し目突っ込みは買い拾いたい。
引値ベースで207.6円を買い切れば上昇に向かうだろう


テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

どうなる? トウモロコシ
12月7日

とうもろこしが下げ24,970円から3分の1で23,000円 半値押しで22,000円 3分の1の押し場面にほぼ近づいた。
我等、大衆筋としてはB社に投げてもらいクリスマスには七面鳥を食べたいものだ!

新規買いは控えるとして、売り方はひとまず利益確定するところか、崩れた相場であることから、あと日柄が最低1週間は必要であろう 反発があっても戻り売りで勝負だ!

テーマ:先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。