カリスマ相場師の一言
年率500%目指す、カリスマ相場師のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 1月18日 17:10 しばらくブログを休みます ≫
1月21日より行政処分を受けたことにより、ブログの更新も3月10日まで控えさせて頂きます。
ささやかながら参考にされていた方々には大変申し訳ございません。
しばらくの間休みになりますので、中期的な予想を申し上げておきます。


株式については反発したところは売られる、戻り売りの流れが2月ぐらいまで続きそうです。

貴金属については日柄調整のあと、少なくとも2月入り前後には再上昇が見られるものと思われます。

穀物については1~2月に天井を打つ可能性が高いと思われ、要注意と思われます。

ゴムについては2月以降、現地が減産期入りし、かなりの高値が見込めそうです。

アラビカは中長期での押目買。ファンドが手がけるきざしもあり、第二の粗糖になる可能性があるように思う。


それでは皆様のご健闘をお祈り致します。


カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月18日 17:10 しばらくブログを休みます ≫
都合により平成20年1月21日より同3月10日までの間、ブログを休みます。

ささやかながら参考にされていた方々には大変申し訳ございません。
しばらくの間休みになりますので、中期的な予想を申し上げておきます。


株式については反発したところは売られる、戻り売りの流れが2月ぐらいまで続きそうです。

貴金属については日柄調整のあと、少なくとも2月入り前後には再上昇が見られるものと思われます。

穀物については1~2月に天井を打つ可能性が高いと思われ、要注意と思われます。

ゴムについては2月以降、現地が減産期入りし、かなりの高値が見込めそうです。

アラビカは中長期での押目買。ファンドが手がけるきざしもあり、第二の粗糖になる可能性があるように思う。


それでは皆様のご健闘をお祈り致します。


カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月17日 17:30 株式の底入れは近そう ≫
【株式市場】

さすがに大きく戻した。
まだジグザグが続くだろうが、底入れ確認には今少し時間がかかりそう。

【商品市場】


あっても3,000円割れぐらいと見ていたが、戻し始めた。
このまま再上昇に繋がるか、この辺で時間稼ぎをするか、2~3日様子を見るところか。いづれにしても押目買のスタンスは変わらず。

白金
5,100円台をリスクと考え、押目買で。

コーン・大豆
高値から1,000円の押し。
もう少し調整の欲しいところだが。
深追いは禁物。
大豆も同じ。

ゴム
280円台をのぞいたが、ファンダメンタルに変わりはなく押目は買。
2~5月の320円~330円目標でどうでしょうか。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月16日 18:40 株式は大底を取りに 商品は調整安 ≫
【株式市場】

日経平均は4日連続安で13,504円。4日間で1,100円、年末から2,000円強下げた。すさまじい下げで、サブプライムの影響もあり2月末あたりに底打ちかと思っていたが、このペースだと月内に大底を打ちそうだ。下値リスクは13,000円近辺ではないでしょうか。大きく反発したあとダメ押し的に2月末頃に二番底を取りに行くという展開の可能性が高いのではないでしょうか。

【商品市場】

金・白金
押目にしては大きく、調整気味の下げになった。金は3,000円割れがいいところではないでしょうか。
白金もファンダメンタルに変化はなく、円高で安いところは買っていけるのではないでしょうか。

コーン
36,000円台は一時停車場面で、利のある向きは利食いも器量で。

ゴム
勢いでストップ安まで売られたが、ここからは買っていきたいところ。
280円台があればいいところではないでしょうか。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月15日 押目は拾う ≫
お詫び

このたび弊社は商品取引所法の規定により行政処分を受けることとなりました。
平成20年1月21日より35営業日の受託業務停止処分となります。
当社もこの処分を厳粛に受け止め、業務改善を遂行する所存でございます。
つきましてはホームページ上の当カリスマ相場師の一言欄の相場観、アドバイス等につきましても自粛させていただきます。ニュース及びデータ等につきましては紙面にて掲載したいと思っております。
読者の皆様にはご不便ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

【商品市場】


1月4日にもコメントしましたようにニューヨークで900ドルを固めたあとは、先行き1,000ドルに挑戦する場面があるのではないでしょうか。
ドル安、株式の低迷、原油の高止まり等、投機資金の行き場としてしばらく金市場が注目されることになりそうです。日本市場は3,200円を固めたあと3,300が目標になりそうです。

白金
今年も需要が旺盛なことには変わりなさそうでレイショニングが起こる水準を模索することになりそう。まだまだ先だと思うが、日本市場は当面5,600円を目指す動きになりそうか。

ゴム
290円台を試したあと300円台を固め、2月~3月には320円~330円を目指すものと思われます。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月11日 ≫
今日もお休みいたします。
火曜日はコメントいたします。



カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月10日 ≫
本日出張のため、一日お休みします。



カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


≪ 1月9日 17:55 もうはまだなりか?   ≫
【株式市場】

日経平均は一時、258円安の14,271円まで売られたが、アジア各国の株式がしっかりしたこともあり急速に戻した。
株価も米国離れしてくるとおもしろいし、今年はそうなりそうな気もするのだが。

【商品市場】


米国市場では金が史上最高値を更新。予想していたことではあるが少しスピードが早い。
今日から中国で金先物の取引開始。ご祝儀もあっただろうがいきなりストップ高で終えたようだ。
円換算でグラム約3,460円を付けたようだが、海外勢がまだ参加できないようで、あくまで参考値段でしょう。
いづれにしても世界で3番目の産金国に取引所が出来、且つパワーあふれる中国が世界の金市場をリードしていくこともあり得ることだ。

コーン・大豆
まずは走っている電車に飛び乗るつもりがないと買えないと申し上げたが、まさにそんな感じですね。コーンは36,000円に乗せましたが、36,000円台は一旦停車があるかもしれません。
振り落とされないようにご注意を。

ゴム
313円の高値から20円押し。
押目完了と見ていいのではないでしょうか。当面は320~30円ぐらいがターゲットになるでしょう。

アラビカ
25,490円から0.618下げの23,410円で押目完了とみたいが。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月9日 17:55 もうはまだなりか?   ≫
【株式市場】

日経平均は一時、258円安の14,271円まで売られたが、アジア各国の株式がしっかりしたこともあり急速に戻した。
株価も米国離れしてくるとおもしろいし、今年はそうなりそうな気もするのだが。

【商品市場】


米国市場では金が史上最高値を更新。予想していたことではあるが少しスピードが早い。
今日から中国で金先物の取引開始。ご祝儀もあっただろうがいきなりストップ高で終えたようだ。
円換算でグラム約3,460円を付けたようだが、海外勢がまだ参加できないようで、あくまで参考値段でしょう。
いづれにしても世界で3番目の産金国に取引所が出来、且つパワーあふれる中国が世界の金市場をリードしていくこともあり得ることだ。

コーン・大豆
まずは走っている電車に飛び乗るつもりがないと買えないと申し上げたが、まさにそんな感じですね。コーンは36,000円に乗せましたが、36,000円台は一旦停車があるかもしれません。
振り落とされないようにご注意を。

ゴム
313円の高値から20円押し。
押目完了と見ていいのではないでしょうか。当面は320~30円ぐらいがターゲットになるでしょう。

アラビカ
25,490円から0.618下げの23,410円で押目完了とみたいが。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月9日 17:55 もうはまだなりか?   ≫
【株式市場】

日経平均は一時、258円安の14,271円まで売られたが、アジア各国の株式がしっかりしたこともあり急速に戻した。
株価も米国離れしてくるとおもしろいし、今年はそうなりそうな気もするのだが。

【商品市場】


米国市場では金が史上最高値を更新。予想していたことではあるが少しスピードが早い。
今日から中国で金先物の取引開始。ご祝儀もあっただろうがいきなりストップ高で終えたようだ。
円換算でグラム約3,460円を付けたようだが、海外勢がまだ参加できないようで、あくまで参考値段でしょう。
いづれにしても世界で3番目の産金国に取引所が出来、且つパワーあふれる中国が世界の金市場をリードしていくこともあり得ることだ。

コーン・大豆
まずは走っている電車に飛び乗るつもりがないと買えないと申し上げたが、まさにそんな感じですね。コーンは36,000円に乗せましたが、36,000円台は一旦停車があるかもしれません。
振り落とされないようにご注意を。

ゴム
313円の高値から20円押し。
押目完了と見ていいのではないでしょうか。当面は320~30円ぐらいがターゲットになるでしょう。

アラビカ
25,490円から0.618下げの23,410円で押目完了とみたいが。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月8日 19:15 もう少し押し目がほしいが   ≫
【株式市場】

日経平均は28円高の14,528円としっかり。
内需株が主導でのしっかり気配。内需株主導の流れはしばらく続くのではないでしょうか。市場は悲観的なムードが強く、戻りは売られる展開になってはいるが、景況が好感出来る数字、データが出てくると一変に空気が変わるのだが!

【商品市場】


午後から急騰し、昨年の高値までアト1円と迫った。当面の目標は3,300円ぐらいになろうかと思っているが、長期ではニューヨークの1,000ドルが大目標。
理由は4日付でコメントのとおり。

白金
下げても5,200円あたりがいいところではないでしょうか。

コーン・大豆
高くなればなるほど、上下の振れが大きくなるので要注意。天井はまだ先と思う。

ゴム
冷やっとするような場面をすかさず切り返したのは強さと表われ、1月4日付でコメントしたように2月からの減産期入りを前に助走段階に入ってきているのではと思います。

アラビカ
大局は押し目買で変わらず。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月7日 19:15 本年の推奨銘柄   ≫
【株式市場】

2008年の見方としては2月末ぐらいまではサブプライムローン問題の後遺症が残り、日経平均で14,000円近辺も想定しなければならない動きで、その後は19,000円を目指す動きになるとみています。原材料高により販売価格に転嫁が難しい場合、年末にかけ失速する場面も想定されそうだが、最近では値上げ後、逆行高をした株もあり、値上げが浸透すると内需株を中心に日本の市場全体を押し上げることになるような気がします。
中長期の資産株として
(1月7日現在)
(5108)ブリヂストン 1,826円
(7733)オリンパス 4,350円
(4901)フジフィルム 4,590円
(8031)三井物産 2,220円
(3861)王子製紙 513円
などは、ジックリ持てばいづれ報われる銘柄ではないでしょうか。

さて、今年のテーマからいくと
1.省エネ環境に配慮した技術を持った企業
(1月7日現在)
(5333)日本ガイシ 2,720円
(6890)フェローテック 1,049円 ジャスダック
(9514)ファーストエスコ 58,200円 マザーズ
(2766)日本風力開発 250,000円 マザーズ
(6255)エヌ・ピー・シー 3,360円 マザーズ

2.円高で業績回復
(1月7日現在)
(3893)日本製紙 319,000円

3.世界的なシェアを持つ高技術企業
(1月7日現在)
(3405)クラレ 1,304円
(4971)メック 1,268円
(4114)日本触媒 1,027円
(4973)日本高純度化学 396,000円

4.積極的なM&Aで拡大
(1月7日現在)
(2503)キリンホールディングス 1,581円
(2914)JT 624,000円

5.内需関連で
(1月7日現在)
(9831)山田電機 11,560円
(9020)東日本旅客鉄道 897,000円
(2780)コメ兵 767円 東2部
(2412)ベネフィットワン 126,000円 東2部
(7627)なか卯 1,195円 ジャスダック
(2681)ゲオ 194,000円
(8905)イオンモール 2,780円
(4315)日清医療食品 1,251円 ジャスダック

6.売られすぎの金融株
(1月7日現在)
(8306)三菱UFGFG 989円
(8591)オリックス 17,220円
(4307)野村総研 3,580円
(2392)セキュアード・キャピタル・ジャパン 149,000円

自己流で推奨してみました。あとは皆様のご判断で、1月は小型株、大型株は2月末あたりが仕込み場のような気もします。

【商品市場】

あくまで調整安と見てよく、下げの目安については明日の紙面で。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月7日 19:15 本年の推奨銘柄   ≫
【株式市場】

2008年の見方としては2月末ぐらいまではサブプライムローン問題の後遺症が残り、日経平均で14,000円近辺も想定しなければならない動きで、その後は19,000円を目指す動きになるとみています。原材料高により販売価格に転嫁が難しい場合、年末にかけ失速する場面も想定されそうだが、最近では値上げ後、逆行高をした株もあり、値上げが浸透すると内需株を中心に日本の市場全体を押し上げることになるような気がします。
中長期の資産株として
(5108)ブリヂストン 1,826円
(7733)オリンパス 4,350円
(4901)フジフィルム 4,590円
(8031)三井物産 2,220円
(3861)王子製紙 513円
などは、ジックリ持てばいづれ報われる銘柄ではないでしょうか。

さて、今年のテーマからいくと
1.省エネ環境に配慮した技術を持った企業
1月7日現在
(5333)日本ガイシ 2,720円
(6890)フェローテック 1,049円
(9514)ファーストエスコ 58,200円 マザーズ
(2766)日本風力開発 250,000円 マザーズ
(6255)エヌ・ピー・シー 3,360円 マザーズ

2.円高で業績回復
1月7日現在
(3893)日本製鉄 319,000円

3.世界的なシェアを持つ高技術企業
1月7日現在
(3405)クラレ 1,304円
(4971)メック 1,268円
(4114)日本触媒 1,027円
(4973)日本高純度化学 396,000円

4.積極的なM&Aで拡大
1月7日現在
(2503)キリンホールディングス 1,581円
(2914)JT 624,000円

5.内需関連で
1月7日現在
(9831)山田電機 11,560円
(9020)東日本旅客鉄道 897,000円
(2780)コメ兵 767円
(2412)ベネフィットワン 126,000円
(7627)なか卯 1,195円
(2681)ゲオ 194,000円
(8905)イオンモール 2,780円
(4315)日清医療食品 1,251円

6.売られすぎの金融株
1月7日現在
(8306)三菱UFGFG 989円
(8591)オリックス 17,220円
(4307)野村総研 3,580円
(2392)セキュアード・キャピタル・ジャパン 149,000円

自己流で推奨してみました。あとは皆様のご判断で、1月は小型株、大型株は2月末あたりが仕込み場のような気もします。

【商品市場】

あくまで調整安と見てよく、下げの目安については明日の紙面で。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

≪ 1月4日 13:05 2008年をズバリ読む   ≫
あけましておめでとうございます。
今年もカリスマ君のカンピュータによる相場観をお届けします。相場に携わって36年、相場の道を極めることは中々難しいものです。
昔と違いデータ情報も豊富であり、誰でも入手出来ます。テクニカルデータで当たればコンピューターで事が済むわけで、そこが相場は生き物と言われる所以でもあり、生涯勉強の毎日です。カリスマ君の36年の経験から得た教訓は、ひと言で申し上げると「人の行く裏に道あり花の山」「もうはまだなり、まだはもうなり」ではなかろうかと考えます。
今年もよろしくお願い致します。

【株式市場】

年初から急落に見舞われていますが、2008年は日経平均でズバリ19,000円と読みます。

理由は3つ

1. サブプライムローン問題も、新興国政府系投資ファンドがリスクを取り、他国の金融機関に出資するスキームが出来つつあり、米国でも今後大きな破綻等が避けられそうだ。
  金融、住宅関連は減速したとしても、他業種は悪くなく、今後はドル安から輸出関連が元気になりそうだ。
  秋には大統領選挙もあり、アノマリーからすると大統領選挙のある年は市況対策も出、株価が上昇する。
2. BRICsを中心に中東産油国も景気拡大が続くと予想され、米国の好不況も世界的影響は以前に較べ格段に小さくなっている。中国は北京五輪前後に調整的な修正安はあっても、今後内陸部のインフラ整備に力を注いでおり、所得格差是正にも取組んで内需の盛り上がりが続きそうだ。
  又、株や不動産のバブル崩壊が心配されているが、中国は海外への投資が自由化されておらず、お金の行き場が他にはないのではないか。
3. 昨年の日本の株価は外国人に左右された。この傾向は今年も続くだろうと思われる。昨年のファンドのポジションは中国、インドなどを買い、日本をヘッジで売るというポジションのようだったが、日本の株式配当が長期金利より高くなりつつあり、割安感が目立つ。今年は企業の安定感もあり、中東、中国等政府系ファンドの日本株への投資も拡がりそう。

※ 1~2月はサブプライム後遺症もあり下振れも考えられるが、14,000円~15,500円ぐらいの推移か?その後は春高から年央に向かい19,000円を目指す流れになるとみます。
※ 個別の推奨銘柄については1月7日版に掲載いたします。

【為替市場】

2008年はドル安の流れに変化はなく、大局は100円割れを目指す展開が予想される。
しかしながら1~2月はドルのリバウンドの時間帯に入っており、115~117円台が想定され、その後再び円高に向かうのではないでしょうか。
【商品市場】

昨年も申し上げましたが、大きな流れで申し上げますと価格革命が起こっている道中であるということです。
先進国が資源を安い価格で手に入れられる時代が終わり、それ相応の価格でなければ買えない時代になりつつあり、今その価格を模索している段階と考えるべきではないでしょうか。
資源が高騰している大きな要因のひとつが人口30億を超えるBRICsを中心とする新興国の工業化及び経済成長にともないエネルギー鉱物資源、食料の需要が飛躍的に増加し、且つ一過性ではなく継続的であるということに原因しているのではないでしょうか。そういう意味で現在、価格を模索している段階であり、まだまだ高騰する可能性が高いのではないでしょうか。
今年も上下に振れながらも新高値を更新する可能性が高いと見ます。
ですから過去の歴史及び価格に固執していては今年も相場は取れないような気がしています。


大局はニューヨークで900ドルを固めて歴史的な高値1,000ドルに挑戦ということではないでしょうか。世界的にドルの信用不安が続く可能性が高く、代替通貨としての金の見直し、又、新興国における金の需要拡大、さらに年金基金によるETFを介した買い、増産がままならない生産国事情等、まだまだ上昇要因に事欠かず、年内には1,000ドルという場面も想定しておいた方がよろしいのではないでしょうか。

白金
自動車触媒としての需要が今年も増加傾向にあり、インド、中国等、新興国においての自動車生産は今年も飛躍的に増加しそうだ。中国に至っては前年度比100万台増の観測もあり、需給逼迫は避けられそうもない。
加えて生産国が南ア、ロシアで90%以上と限定されており、南アでは2002年に出来た白人経営の鉱山に黒人を経営参加させるという法律を施行後、現場での事故が相次いでおり、改善の方向性が見い出せないままであるようだ。ロシアは例によってプーチン政権が資源の国家管理を強めており、原油、天然ガスをはじめ、レアメタル族もその管理下に入っているようだ。これらにより白金相場は去年にも増して需給逼迫が続く可能性が高く、ひとつ間違うととんでもない価格を出すこともあり得ると考えた方が良さそうだ。

大豆・コーン
2007年度はヨーロッパの不作、豪州の不作と米国以外の不作が大きく響き、米国の大豊作にもかかわらず穀物市況は高騰した。
今年も引き続き大豆中心に需給の引締まり感は強く、豪州の2年続きの不作から、南米の作柄次第では春までにコーンで6ドル、大豆で15ドルの可能性がありそうだ。

ゴム
供用期限切れ玉は年末で一掃された感があり、現地での2月からの減産期に向かって需給逼迫が表面化される可能性が高い。中国では自動車生産が今年の870万台から2008年度は1,000万台になろうかと予想され、インドも大幅に増産になるのは間違いない状況であることなど、自動車触媒需要の白金が1,500ドル台をキープしているのはその裏付けともとれ、減産期に向け、2006年の324円50銭をクリアしたあと、350~360円を目指す高値波乱になると予想しています。

コーヒー
ここ数年、年々下値を切り上げており、ブラジルでは2008年度の在庫が1,200万袋から400万袋に減少するだろうと指摘されていることからしても、ニューヨークで150セントを目指す流れになっていくのではないかと思われます。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメールまたはお電話下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail : ica@comtex.co.jp  tel : 0120-560-224 

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 


テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。