カリスマ相場師の一言
年率500%目指す、カリスマ相場師のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 8月2日 8:30 乱高下に注意! ≫
【株式市場】

やはり日経平均17,000円を挟んだ攻防戦になりそうだ。夏休みを前に利益確定売りも重なり、この辺からブレが上下に予想されるところ。今回の下げは政局も多少影響しているのかも知れないが、やはりニューヨーク市場のサブプライムローンに端を発している。
ヘッジファンドの損失拡大が引金になり、株式市場が調整入りしている。サブプライムローンは前から言われていることだが、ここにきてプライムローンにも懸念が出てきたようだ。
信用力の高い個人向け住宅融資(プライムローン)も危なくなってきたということであれば、この問題はまだ尾を引きそうだ。
ただ米国企業の業績は順調であり、予想株価収益率も16倍程度と健康体であり、このまま米国市場が大きく崩れていくとは考えづらい。
日本市場は米国に引張られる形で大きく下げているが、企業の四半期決算も順調で米国程は下げないのではないかと思っている。ただサブプライムローンの件は米国の問題ではあるが日本の金融機関が米国の住宅ローン担保証券(RMBS)を買い込んでいた形跡があり、野村で6,570億円他、邦銀でもかなりありそうで、金融株は当面見送った方がよいのかも知れない。
いづれにしてもBRICSを中心に資源で潤った新興国の景気は、上昇中かあるいは上昇の途についたばかりの国もあり、世界的な景気拡大は疑う余地のないところと考えれば、8月中の安値は今年最後の買場になるのではないでしょうか。

【商品市場】


株式・為替の乱高下で落ち着かない相場になっているが、2,500円台前半は資金配分しながら買い方針で。

白金
5月30日の2,850円を切って2,828円で引けた。次の抵抗線は2,720近辺になるが、そこまであるかどうか。資金配分しながら戻りを買わず突込みを買うところ。

コーン
戻り一杯して下げている。ここからの突込みは利食い先行して手を空かすところ。米国農務省の発表待ちというところか。

大豆
上げ下げが激しく、辛抱しきれず買ったら目先天井、売ったら底だったということになりやすい相場になっているので要注意。まだ天候相場が終わったわけではないので、天候回復期待で売られたところは買い、天候懸念で買われたところは売りという形で対応しないと天候相場は取れない。

ゴム
円高他商品安もあり、昨日は大きく売られた。260円中心の攻防戦で押したところは買。

アラビカ
ニューヨークの110セントを下限リスクとして押目買。

カリスマ君は、断定的な言い方をする傾向があるのでご注意を!
あくまで最終的な判断は自分自身にてお願いします。

ご質問等ございましたらお気楽にメール下さい。
カリスマ君の分かる範囲内でお答えします。
e-mail  ica@comtex.co.jp

毎朝(月~金曜日 祝日を除く)、無料でメールサービスを携帯電話またはPCに配信しています。詳しくは資料請求ページでサンプルをご覧下さい。

資料請求ページはこちらから→ 

スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://comtexica.blog83.fc2.com/tb.php/157-646c8e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。